トップへもどる

既 刊

表象交通論/美術造形・美術史

表紙画像を拡大 ティツィアーノノショモンダイ
―ジュンスイカイガトイコノロジーへノチョウボウ

●ティツィアーノの諸問題
 ―純粋絵画とイコノロジーへの眺望
PROBLEMS IN TITIAN MOSTLY ICONOGRAPHIC:THE WRIGHTSMAN LECTURES

エルヴィン・パノフスキー Panofsky,Erwin【著】
/織田春樹【訳】/永澤 峻【解説】
ISBN: 4862090036
[A5判上製]345p+図版199点 21cm
(1985-06-27出版)
定価=本体7600円+税

§パノフスキーの仕事を代表する最晩年の著作。

◆ヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノが開いた色彩表現と絵画形象=イコンの窓からの眺望。イコノロジー研究によって、美術史のみでなく人文科学全体に深甚な影響を与えたパノフスキーが、最後の著作に託した〈芸術形象の問題圏〉を語る名著の完訳。
◆一人の画家の作品史を人類の表現史のうちにどう位置づけ、その価値と時代的意味をいかに捉えるか。パノフスキーは生涯をつうじた美学とイコノロジーへの研鑽を、このルネサンス期の巨匠の生涯と作品を扱うなかで融合させ、これらの問いに答えようと試みている。

【目次】
序文
一章 序説
二章 聖書、聖人伝にまつわる諸問題
三章 対位法的手法――偽装された中世と古代の定型表現
四章 「時」について
五章 「愛」と「美」について
六章 ティツィアーノとオウィディウス
補論 1.書誌について、2.ティツィアーノの生年の問題、3.カドーレの戦い、4.ティツィアーノとザイゼネッガー、 5.皇后イサベラの肖像画、6.《「信仰」の寓意》、7.ルーヴル美術館の《パルドのウェヌス》
本文註/テキスト解題 永澤峻/訳者あとがき/モノクロ写真図版(199点)/人物・事項索引、ティツィアーノ作品索引

【著者紹介】
エルヴィン・パノフスキー(1892~1968年)
ドイツ出身のアメリカ合衆国の美術史家。図像解釈学(イコノロジー)研究の創始者。 1914年、デューラーの芸術理論研究でフライブルク大学から学位を受ける。192年からハンブルク大学教授。エルンスト・カッシーラーやアビ・ヴァールブルクと交流を持った。1931年からニューヨーク大学を経て、のちプリンストン高等研究所教授となった。

Copyright(C)言叢社