トップページへ

最新刊

*画像をクリックしてください。

「文化の遠近法」へ 「佐原の大祭」へ 「文化人類学研究17」へ
「ジョイスの迷宮」へ 「生殖へのカレンダー」へ 「日本語人の脳」へ
「ジョイスの罠」へ 「わたしが生きてきた世の中」へ 「小さな革命・東ドイツ市民の体験」へ 「赤ちゃんからはじまる便秘問題」へ
「『近代絵画論』読解ノート」へ 「山地民の歴史と文化」へ 「神話思考 Ⅱ」へ 「ごせやける 許すさんにぇ」へ
「低線量被曝から28年」へ 「ヨーロッパ民衆文化の想像力」へ 「神々の発光」へ 「山の珈琲屋」へ
「狐の叙事詩」へ 「『燃える人』」へ 「プリーモ・レーヴィ」へ 「プリミティヴアート」へ


ブンカノエンキンホウ―エコ・イマジネールⅡ

●文化の遠近法―エコ・イマジネールⅡ

文化の遠近法

蔵持不三也・嶋内博愛【監修】
伊藤純・藤井紘司・山越英嗣【編】
【執筆者】蔵持不三也・松平俊久・
嶋内博愛・出口雅敏・村田敦郎・
山越英嗣・藤井紘司・瀧音 大・曺 圭憲・
松田俊介・伊藤 純・山崎真之・小林孝広
ISBN: 978-4-86209-065-2 C1039
[A5判上製]504p 210×148mm
(2017-03-30出版)
定価=本体4444円+税




●「他者」への想像力をたえず育んできた人類学的思考は、その根底にある「存在」への、いまだ語られざる遠近法的(パースペクティヴ)思考を要請する。
●専門化し、多様化した問題領域を超えて立ちあがる「思考」を予望する13人の論集。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

シャシンブンシュウ サワラノタイサイ

●写真文集『佐原の大祭』

『佐原の大祭』 佐原アカデミア サワラアカデミア【編】
/小関与四郎 コセキヨシロウ【写真】
/エッセイ=神崎宣武・森田朗・関谷昇・
中江有里・菅井源太郎 文=言叢社編集部(島亨)【文】
ISBN: 978-4-86209-063-8
[菊五判並装]192p 220×152mm
(2017-02-11 出版)
定価=本体2315円+税





§佐原の町衆だけが造りあげた比類ない「大人形飾り山車」の祭礼。
その成り立ちの謎、魅力をあますところなく伝えるカラー写真文集。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ブンカジンルイガクケンキュウ17

●文化人類学研究第17巻 《特集》帝国と混血

文化人類学研究第17巻 早稲田文化人類学会
WASEDA SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY 【編・発行】
言叢社【発売元】
ISBN: 978-4-86209-064-5 C3002
[B5判]135p 25.7cm
(2016-12-30出版)
定価=本体3000円+税






§帝国支配下に生み出された混血者たちが、いかに認識され、扱われ、そして帝国崩壊後ではいかに表象され顕在化しているのかという問題に、はじめてと言っていい、文化人類学的視点の可能性を探る。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ジョイスノメイキュウ―『ワカキヒノゲイジュツカノショウゾウ』ニハマルホウホウ

●ジョイスの迷宮(ラビリンス)
 ―『若き日の芸術家の肖像』に嵌る方法

ジョイスの迷宮 金井嘉彦 カナイヨシヒコ・
道木一弘 ドウキカズヒロ 【編著】
【共同執筆者】南谷奉良・平繁佳織・
田中恵理・小林広直・横内一雄・金井嘉彦・
道木一弘・中山 徹・下楠昌哉・田村 章
ISBN: 978-4-86209-062-1
C1098 ¥2600E
[四六判並装]本文340p 18.8cm
(2016-12-05出版)
定価=本体2600円+税




§ほんとうのことを作者はいかにことばで語るのか。
暗がりのなかで手探りする物語がある。存在の証しに向けた作者の
「ことば」による悪戦、そこからの到達を見据える批評論集。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

セイショクヘノカレンダー―シゼンニンシンホウトシンタイヅクリノデンシュウチョウ

●生殖へのカレンダー
 ―自然妊娠法と身体づくりの伝習帖

生殖へのカレンダー
壱位布三子 イチイフミコ【著】
ISBN: 9784862090027
C2070 ¥1852E
[B5判変形]104p 182mm×182mm
口絵カラー4p折込み
(2016-12-05出版)
定価=本体1852円+税




§「妊娠母体をつくる、身体づくり」

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ニホンゴジンノノウ―リセイ・カンセイ・ジョウドウ、ジカンとダイチのカガク

●日本語人の脳
 ―理性・感性・情動、時間と大地の科学

日本語人の脳 角田忠信 ツノダタダノブ【著】
ISBN: 978-4-86209-059-1 C3040
[四六判並装]333p 18.8cm
(2016-04-15出版)
定価=本体2400円+税









§欧米言語学は、言語基盤にある母音の感性・情動性を理解してこなかった。日本語人は持続母音と虫の音を言語脳のある左半球で受容する。日本語人の心性、情動のありように迫る、齢90歳に近い著者による畢生の論文集。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ジョイスノワナ―『ダブリナーズ』ニハマルホウホウ

●ジョイスの罠―『ダブリナーズ』に嵌る方法

ジョイスの罠 金井嘉彦 カナイヨシヒコ・
吉川 信 キッカワ シン【編著】
【共同執筆者】小島基洋・桃尾美佳・
奥原 宇・滝沢 玄・丹治竜郎・ 田多良俊樹・
横内一雄・南谷奉良・坂井竜太郎・
小林広直・戸田 勉・ 平繁佳織・木ノ内敏久・中嶋英樹・河原真也・吉川 信・金井嘉彦
ISBN: 978-4-86209-058-4 C1098
[四六判並装]本文440p 18.8cm
(2016-02-02出版)
定価=本体2800円+税



§すべてはダブリンから始まった。
20世紀最大の作家の世界へ、ようこそ。
【『ダブリナーズ』出版100年記念論集】

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ワタシガイキテキタヨノナカ
 ―シンペンカラミツメタセンゴカンコク、ゲキドウノレキシ

●わたしが生きてきた世の中
 ―身辺からみつめた戦後韓国、激動の歴史

わたしが生きてきた世の中 羅 英均〈日本語〉ラ エイキン
〈韓国語〉나영균 ナ・ヨンギュン【著】
堀 千穂子 ホリ チホコ【訳】
ISBN: 978-4-86209-057-7 C0036
[四六判上装]260p 19.4cm
(2015-10-10出版)
定価=本体2600円+税







§「私たち(の戦後史)は、政治をヌキにしてはかんがえられない」
英文学と教育へのしずかな情熱を貫きながら、戦後韓国社会の混乱を生き抜いた英文学者・羅英均と家族の自伝的記録。
著者家族と身近なところで起こった政治社会の過酷さを、悲しみとともに深いまなざしで見据えつづる韓国、激動の戦後史でもある。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆四方田犬彦氏書評←言叢社ブログ

チイサナカクメイ・ヒガシドイツシミンノタイケン
 ―トウイツノプロセストセンゴノフタツノワカイ

●小さな革命・東ドイツ市民の体験
 ―統一のプロセスと戦後の二つの和解

小さな革命・東ドイツ市民の体験 ふくもとまさお【著】
ISBN: 978-4-86209-056-0 C1022
[四六判並装]352p 18.8cm
(2015-08-03出版)
定価=本体1980円+税









■「革命だった」と、セバスチャンが言った。
■国家崩壊から西ドイツによる吸収までの《劇=ドラマ》。
■そして、統一後の東ドイツ市民による被害国市民との和解の試み。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆ベルリンから著者だより(1)(2)(3)←言叢社ブログ

アカチャンカラハジマルベンピモンダイ―スッキリウンチシテマスカ?

●赤ちゃんからはじまる便秘問題
 ―すっきりうんちしてますか?

赤ちゃんからはじまる便秘問題 中野美和子 ナカノミワコ【著】
ISBN: 978-4-86209-054-6 C2047
[四六判並装]248p 18.8cm
(2015-05-27出版)
定価=本体1500円+税








§うんちで頭がいっぱい!!
「排便外来」を開いて、毎日「困っている親子」に向きあう、
うんち博士・中野美和子先生が伝える「便秘」のしくみ。
あったかくて・ナットクのことばたち。
毎日、毎日 スッキリ ウンチ大作戦!!

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

「キンダイカイガロン」ドクカイノート―ビテキナルモノノコユウセイ

●「近代絵画論」読解ノート―美的なるものの固有性

「近代絵画論」読解ノート 織田春樹 オダハルキ【著】
ISBN: 978-4-86209-052-2 C1070
[四六判並装]292p 18.8cm
(2014-11-05出版)
定価=本体1852円+税








§「近代絵画」を論じた重要な書物を引用しつつ、その読解を通じて絵画造形の「美」とは何かについて、独自の理解を試みるノート。
レヴィ=ストロースの芸術論、及びヘーゲル=バタイユの供犠論をえることで、近代以前を包括する表現論と美の運命にまでふれる。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

トウナンアジアタイリクブ  サンチミンノレキシトブンカ
[東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所歴史・民俗叢書Ⅸ]

●東南アジア大陸部 山地民の歴史と文化

山地民の歴史と文化 クリスチャン・ダニエルス【編】
ISBN: 978-4-86209-050-8 C3022
[A五判上製]348p 21cm
(2014-04-05出版)
定価=本体3600円+税

§「国境なき山地民」の歴史と文化。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

シンワシコウ 2 シゼントニンゲン

●神話思考 Ⅱ 地域と歴史

神話思考 Ⅱ 松村一男 マツムラカズオ【著】
ISBN: 978-4-86209-049-2 C3014
[A5判上製]780p 21cm
(2014-03-31出版)
定価=本体7407円+税








§神話学・宗教学の現在を包括的にたぐる論考集成Ⅱ。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆鶴岡真弓・松村一男対談『神話思考をめぐって』←言叢社ブログ

ゴセヤケル ユスサンニャ フクシマゲンパツヒサイシャノアユミ・フタバチョウカラ
 ―コレマデモ3ネン、コレカラノ3ネン

●ごせやける 許さんにぇ
  フクシマ原発被災者の歩み・双葉町から
 ―これまでの3年、これからの3年

ごせやける 井上 仁(フクシマ復興支援ネットワーク)【著】
ISBN: 978-4-86209-051-5 C0030
[四六判並装]432p 18.8cm
(2014-03-11出版)
定価=本体1852円+税







「全町民に共通した生活再建への二つの前提課題」
「町民が選択する生活再建への三つの道筋」

※ごせ(が)やける(後生腹焼く)
新潟、栃木をふくむ東北方言。理不尽なことに対する腹だたしさを意味する。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ドイツ テイセンリョウヒバクカラ28ネン
―チェルノブイリハオワッテイナイ

●ドイツ 低線量被曝から28年
 ―チェルノブイリはおわっていない

ドイツ 低線量被曝から28年 ふくもと まさお【著】
ISBN: 978-4-86209-047-8 C0036
[四六判並装]242p 18.8cm
カラー口絵2p
(2014-03-11出版)
定価=本体1500円+税








§チェルノブイリ事故は、東西ドイツ統一を促し、福島原発事故はドイツの脱原発を決定づけた。
当時、東ドイツ在住だった著者は、ドイツの“その時”から現在までをつぶさに見つめ続けた。
低線量被曝国であったドイツは、現在も健康被害が続いている事実。
ドイツ報告から福島・日本を考える。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆ベルリンから著者だより(1)(2)(3)←言叢社ブログ

ヨーロッパミンシュウブンカノソウゾウリョク
 ―ミンワ・ジョジシ・シュクサイ・ゾウケイヒョウゲン

●ヨーロッパ民衆文化の想像力
 ―民話・叙事詩・祝祭・造形表現

ヨーロッパ民衆文化の想像力 早稲田大学日欧研究機構
ヨーロッパ民俗研究所
伊東一郎 イトウイチロウ・
蔵持不三也 クラモチフミヤ・
松平俊久 マツダイラトシヒサ
【著】
ISBN: 9784862090461
[A五判上製]240p 21cm
(2013-9-27出版)
定価=本体3200円+税




§18世紀後葉に発展したヨーロッパの民俗学、すなわち「民衆=知」(folk-lore)研究は、民衆生活や社会的現実ではなく、 過去への憧憬や
民族的心性などに向けられ、それゆえにすぐれて叙情的なものとしてあった。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

カミガミのハッコウ
―チュウゴクシンセッキジダイ コウザンブンカギョツキゾウケイ
[1923-37ネンシュウシュウ]

●神々の発光
 ―中国新石器時代 紅山文化玉器造形
 [1923-37年収集]

神々の発光 篠原 昭・島 亨
シノハラ アキラ・シマ トオル【編著】
ISBN: 9784862090454
[A4判並装]304p 29.7cm
カラー図版編136頁、収録玉器造形476点
(収録図版724点)
研究・解説頁168頁、モノクロ挿図247点
東京山羊舎 発売元・言叢社
(2013-9-1出版)
定価=本体9333円+税




§1923-37年に収集された収蔵家資料の初公開。
紅山文化造形と対比することで、新石器文化「縄文文化造形」の特質をも照らし出す。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ヤマノコーヒーヤ イイタテ「アグリ」ノキロク

●山の珈琲屋 飯舘「椏久里」の記録

山の珈琲屋 市澤秀耕+市澤美由紀
イチサワシュウコウ+イチサワミユキ【著】
ISBN: 9784862090447
[四六判並装]248p 20cm
(2013-3-11出版)
定価=本体1600円+税








§山里の飯舘で20年にわたり珈琲屋を営んで、近隣にその桃源郷のような風景と味がしられていた、「椏久里」コーヒー。原発避難により、福島市に移して再開。農とサービスの原点を求め築いてきた「カフェの力」は、いま避難者や近隣の人々の集う、大事な場所になっている。
何を失ったのか、何にむきあって「掛け替えのない人生」を生きていくのか。揺れ動く被災者の内面と日常の営みが、率直にしなやかに記述されている。避難者に、そして読者にも、それぞれの自前の築きあげる力にとどき、響きあう本であれば、幸いです。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆飯舘村・福島市からの報告 市澤秀耕←言叢社ブログ

チュウセイオランダゴ キツネノジョジシ

●中世オランダ語 狐の叙事詩
 ―『ライナールト物語』『狐ライナールト物語』

★ 第50回日本翻訳文化賞受賞 ★

狐の叙事詩 檜枝陽一郎 ヒエダヨウイチロウ【編訳・読解】
ISBN: 978-4-86209-042-3 C3097
[A5判上製]526p 21cm
(2012-10-22出版)
定価=本体5524円+税








§15世紀のオランダ語「狐の叙事詩」2篇の完訳と、用文の徹底した考証により、動物寓話の形を取って語られた中世最高の叙事詩文学の本質を捉え描いた労作。
そのすさまじい弁証詐術の言葉と死闘の物語に、読者はおもわずも引きずり回される。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆『狐の叙事詩ができるまで』 檜枝陽一郎←言叢者ブログ
◆松村一男氏書評←言叢社ブログ

「モエルヒト」デンショウトセイヨウノシセイカン
―フライブルク・ザーゲシリョウノカイセキニヨル

●「燃える人」伝承と西洋の死生観
 ―フライブルク・ザーゲ資料の解析による

「燃える人」 嶋内博愛 シマウチヒロエ【著】
ISBN: 978-4-86209-040-9 C1022
[A5判並製]334p
(2012-3-31出版)
定価=本体3048円+税








§民間伝承における救済の表現「燃える人」と他界のトポロジー。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

●プリーモ・レーヴィ
 ―アウシュヴィッツを考えぬいた作家

プリーモ・レーヴィ 竹山博英 タケヤマヒロヒデ【著】
ISBN: 978-4-86209-038-6C1098
[四六判並装]本文302p+カラー口絵4p
(2011-10-22出版)
定価=本体2286円+税









絶滅収容所からの帰還。元素の目、動・植物の目、精神の目で過酷な人間の運命を見据えつづけた作家・化学者プリーモ・レーヴィの日本で初めての評伝。

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

◆立命館大学 国際平和ミュージアムのホームページへどうぞ。

●プリミティヴアート

★ 第47回日本翻訳出版文化賞受賞 ★

プリミティヴアート フランツ・ボアズ【著】/大村敬一【訳】
ISBN: 978-4-86209-035-5 C3039
[A5判上製]664p 21cm
(2011-2-26出版)
定価=本体8500円+税

§「芸術人類学」ボアズ名著初の完訳。
プリミティヴアート画像へ

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。
円の画像をクリックすると「プリミティブアート」の画像をご覧になれます。。

Copyright(C)言叢社