トップへもどる

既 刊

歴史系/地域史・地誌/随筆・小説・歌集・俳句集

品切れ
使琉球記 シリュウキュウキ

●使琉球記 口語全訳

李 鼎元 リ テイゲン【著】
/原田禹雄 ハラダノブオ【訳注】
ISBN: 4905913179
[A5判上製]448p 20cm
(1985-03-18出版)
定価=本体7800円+税

§清朝の冊封副使・李鼎元による琉球渡航の記録。

康煕六十年(1721)に刊行された 『中山傳信録』 の80年後、嘉慶七年(1802)に刊行された。19世紀初頭、清朝はやがて屈辱の阿片戦争に巻き込まれた時期で、いわば清朝の栄光の残照のごとき光芒に照らされた歴代史録中の白眉ともいえる作品。その文彩、明晰かつ精細な地誌・博物の記述は、沖縄史ばかりか東アジア交通史・地誌研究に不可欠のものである。

【目次】
巻一 冊封使任命から嘉慶五年三月三十日まで
巻二 嘉慶五年四月一日から四月二十九日まで
巻三 嘉慶五年五月一日から六月二十二日まで
巻四 嘉慶五年六月二十三日から八月五日まで
巻五 嘉慶五年八月六日から九月十九日まで
巻六 嘉慶五年九月二十日より帰任まで

Copyright(C)言叢社