トップへもどる

既 刊

西洋文化の起源へ
文化人類学・民族学・民俗学・歴史人類学
美術造形・美術史
歴史系
神話・宗教系

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ヨーロッパミンシュウブンカノソウゾウリョク
 ―ミンワ・ジョジシ・シュクサイ・ゾウケイヒョウゲン

●ヨーロッパ民衆文化の想像力
 ―民話・叙事詩・祝祭・造形表現

ヨーロッパ民衆文化の想像力 早稲田大学日欧研究機構 ヨーロッパ民俗研究所
伊東一郎・蔵持不三也・松平俊久
イトウイチロウ・クラモチフミヤ・マツダイラトシヒサ【著】
ISBN: 9784862090461
[A五判上製]240p 21cm
(2013-09-27出版)
定価=本体3200円+税

●18世紀後葉に発展したヨーロッパの民俗学、すなわち「民衆=知」(folk-lore)研究は、民衆生活や社会的現実ではなく、過去への憧憬や民族的心性などに向けられ、それゆえにすぐれて叙情的なものとしてあった。
●20世紀に入ると、対象社会の文化的な深層構造への眼差しが問われ、20世紀後葉には、文化人類学や歴史学などの関連分野と結びつきながら、研究対象・主題の多様化と分析方法の革新、異分野への戦略的な侵犯によって、新たな社会科学として歩み始めた。
●本書の試みは、この民俗学の可能性をさらに展開させようとするものである。

〈カバーうら〉図版
聖ゲオルギオスと竜の出会いを描いた14世紀初頭のイコン。ノヴゴロド。
イコンはロシアの民衆に親しまれた視覚芸術だが、そこに描かれている聖者やキリスト、聖母などにちなんだ祭日には、儀礼においても重要な役割を果たす。文字が読めない農民にとって、それらの聖者に関する情報の源はイコンや口頭伝承であり、イコンとフォークロアの間には密接な関係が生じる。しかし、従来のロシアのキリスト教民衆文化研究では、写本で伝えられた中世ロシア文学の研究、口頭伝承である巡礼霊歌の研究、美術史におけるイコン研究の3つの学問分野は、相互に参照されることなく、キリスト教伝説を扱ってきた。そのような状況は大きな反省を迫られている。

Copyright(C)言叢社