トップへもどる

既 刊

現代思想
現代社会・制度
地域史・地誌

*タイトル、画像をクリックすると詳しいページへ行くことができます。

ヤマノコーヒーヤ イイタテ「アグリ」ノキロク

●山の珈琲屋 飯舘「椏久里」の記録

山の珈琲屋 市澤秀耕+市澤美由紀
イチサワシュウコウ+イチサワミユキ【著】
ISBN: 9784862090447
[四六判並装]248p 20cm
(2013-03-11出版)
定価1680(本体1600)円

§山里の飯舘で20年にわたり珈琲屋を営んで、近隣にその桃源郷のような風景と味がしられていた、「椏久里」コーヒー。原発避難により、福島市に移して再開。農とサービスの原点を求め築いてきた「カフェの力」は、いま避難者や近隣の人々の集う、大事な場所になっている。
何を失ったのか、何にむきあって「掛け替えのない人生」を生きていくのか。揺れ動く被災者の内面と日常の営みが、率直にしなやかに記述されている。避難者に、そして読者にも、それぞれの自前の築きあげる力にとどき、響きあう本であれば、幸いです。

先祖の木を戴いて建てた珈琲店「椏久里」
「木がチェーンソーで伐られ倒れた時、雪煙がぶわーんと、舞い上がって思わず手が合わさりました。」(129ページ)

Copyright(C)言叢社